2022年全国GMナタネ自生調査・院内報告会

2022年全国GMナタネ自生調査・院内報告会
テーマ GMナタネ自生調の現状と生物多様性を考える
と き 2022年11月25日(金)13:30~16:00
      13時から議員会館ロビーで⼊館証を配布します
ところ 参議院議員会館(B109会議室)・オンライン併用
      アクセス:地下鉄永田町、国会議事堂前駅徒歩1~3分
定 員  実参加50名、オンライン参加500名
参加費:無料

環境影響も食品安全性も審査を受けないゲノム編集生物が、国内で生産流通される状況になり、反対運動が広がっています。その一方で、今も大量の遺伝子組み換え(GM)作物が輸入され、食用油などに使用されていますが、港から工場までの輸送中にこぼれ落ちて自生し、生物多様性を脅かしています。GMナタネの拡散と野生植物との交雑も明らかになっています。
自生GMナタネは遺伝子操作生物の拡散への警鐘であり、生物多様性への影響が懸念されます。12月には国連の生物多様性条約締約国会議(COP15)が開催され、遺伝子操作生物の規制が話し合われます。GMナタネ自生調査の結果を共有し、行政とも意見交換会をして、生物多様性を守るために今必要なことを考えましょう。

<プログラム>
★2022年度GMナタネ自生調査報告(予定)
あいコープみやぎ/なのはな生協/生活クラブ生協/コープ自然派
グリーンコープ共同体/パルシステム東京/遺伝子組換え食品を考える中部の会
農民連食品分析センター
★環境省・農林水産省との意見交換
GMナタネ自生について
生物多様性条約締約国会議に向けて

●お申し込みはこちらから
https://forms.gle/k1zCLvGsPa3qJBLt9

主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
☎03-5155-4756/Email:

Follow me!